Now Loading....

グローバルテック株式会社

2次電池性能評価試験受託

2次電池用充放電電源の開発・製作を手掛けて20年の実績と経験を基に、車載用電池、蓄電システム用電池から民生用電池まで、多様な用途の2次電池の最適試験条件のご提案から、評価試験の実施、試験結果の御報告まで、機密保持管理体制を構築し、『顧客の信頼と満足を得る』ことができる精度の高い受託試験業務の遂行が可能です。

豊富な電源装置を保有し、顧客の電源装置と同種の試験機で試験することが可能で、機差による試験精度のバラツキを防止し、高精度で信頼性の高い再現性のある試験が可能になります。(事前予約制のため、予約済みの際はご容赦願います)

充放電試験装置仕様

  • 5V-1A(3レンジまたは4レンジ)
  • 5V-3A
  • 5V-6A
  • 5V-10A
  • 5V-60A
  • 5V-120A(240A並列使用可)
  • 5V-360A(サンプリング・制御10msec対応)
  • 5V-400A(サンプリング制御10msec対応)
  • 5V-480A(サンプリング制御10msec対応)
  • 60V-360A
  • 100V-400A(サンプリング・制御10msec対応)

恒温槽仕様

  • 100L -20℃~85℃
  • 200L -50℃~150℃
  • 400L -50℃~150℃
          -40℃~100℃
  • 800L -50℃~150℃
          -60℃~150℃

注)これは恒温槽の制御可能温度範囲です。
  試験温度条件に付きましてはご相談ください。

受託試験業務に関して様々なお客様のご要望にお応えします。

受託試験の請負

充放電電源を使った受託試験業務の請負

  • ◎ 受託試験業務のアウトソーシシングをお考えのお客様
    →お客様の試験方法を忠実に再現する試験実施プランをご提案します。
  • ◎ 開発電池の評価方法をご検討中のお客様
    →お客様のご希望される評価のための試験方法と試験実施プランをご提案します。
  • ◎ 弊社試験装置を自社の評価ご担当に使わせたいお客様
    →弊社スタッフがマンツーマンでオペレーショントレーニング&補助を致します。
リチウムイオン電池の試験項目(例)
受託試験プロセスの流れ(例)

受託試験業務に関して
様々なお客様のご要望にお応えします。

  • 性能評価
    試験受託
  • 開発設備の
    ご提案
  • 試作・
    量産設備の
    ご提案
  • コンサル
    タント業務
  • TOP
  • 性能評価試験受託